WPFの文字列リソース(resx)をそのままUWPとXamarin.Formsで共有したおはなし

あすかです。

UWPで国際化(ローカライズ)というと、すでに先人が記事をかかれているとおり、いろいろな方法があります。

aile.hatenablog.com

これ見てる限り、リソース名は「なんとか.Text」だとか「あーだこーだ.Content」だとか、「ユニーク名+プロパティ名」という形で指定するようですね。

f:id:kmynews:20170625095632p:plain

これによって、テキストだけでなく、その他の、なんかの数値や色とかも国際化することができるみたいです。
中国は赤!ロジアは赤!イギリスは黄色!うーん、ロマンチックですね。

ところで、WPFで国際化するときの方法を見てみます。

grabacr.net

WPFは、UWPと違ってプロパティ名を指定する必要が無いみたいですね。
みんなそうしてますよね、仕方ないですね。

なお、Xamarin.Formsのローカライズでも、PCLプロジェクトに「AppResources.resx」「AppResources.ja.resx」を作ります。ここはWPFと似ていますね。

続きを読む

event-streamでデータストリーミングしてみる

あすかです。

夏コミC92受かりました。
ただしジャンルは3日目の「創作(少年)」です。技術系ではないです。
あとは適当に探してください。

ASP.NETで、ストリーミングをやります。
ストリーミングといっても、受信する方のおはなしではありません。両方です。

また、送信するのはただのテキストデータです。
ビデオとかはやりませんが、この記事を応用して、例えば映像をBASE643に変換するとかすればできるかもしれません。
C#オブジェクトのやり取りも、JSONが使えます。

今回は、ASP.NET側からストリーミングのデータを送信し、Console側でそれを受信します。
自給自足、自作自演です。

続きを読む

自分の漫画を取得できるREST APIを作ってみたおはなし

あすかです。

私は趣味で漫画を描いて自分のホームページに載せているのですが、それを取得するREST APIを作ろうなんていう需要不明意味不明なことをしてきましたので、簡単に紹介します。

名前はGunuccoです。ASP.NET Core 1.1で開発しました。

github.com

続きを読む

ASP.NET Coreでメールを送信する

あすかです。

現在、自分のホームページのリニューアル作業の一環として怪しいシステムを作っていまして、
その怪しいシステムに運悪くも自分のメールアドレスを登録してしまった善良な市民たちに、怪しいメールを送信する必要が出てきました。

ASP.NET Coreでメールを送りたいんです。
C#でメール送信で検索をかけると、SmtpClientというものがまっさきに出てきますね。System.Net.Mail名前空間に含まれるやつ。
これ、ASP.NET Coreには含まれていないんです。
そこで、サードパーティのパッケージが必要になります。

ASP.NET Coreということは、WindowsでもLinuxでも同様に動く必要があるんですよね。
そんな都合のいいライブラリってあるんでしょうか。
ありました。

続きを読む

C#で複素数を使ってみる

あすかです。

今週は小話でお茶を濁します。
複素数のおはなしです。

続きを読む

iOSアプリのソースコード公開とライセンス

あすかです。

f:id:kmynews:20170507073229p:plain

WindowsAndroidiOSで動作するストーリー制作支援ソフトStoryCanvasのソースコードを、GitHubで公開しました。

github.com

StoryCanvasにはいくつかの設計ミスがありますが、それは別の日に改めてお話するとして、
なぜいきなりソースを公開したかというと、
開発当初の想像を超えたユーザに使っていただき、かなりの量の要望をいただいたにもかかわらず、
私には漫画など他にも趣味があり、また他にも作りたいアプリがあるため、
全ての要望に応えるのは難しい、自分一人では限界があると思ったからです。

ところで、今回はライセンスの話です。

続きを読む

EmojiSharpを使って文章中の識別子を絵文字に変換する

あすかです。

Mastodonクライアントを作っていると、ところどころ、変な文字に出会ったりしませんか?

f:id:kmynews:20170504093458p:plain

この:white_check_mark:というものは、何でしょうか。
実はこれ、Unicode絵文字を表示する命令で、「white_check_markという名前の絵文字を表示して!」といった意味合いなのです。
対応するソフトが、この:white_check_mark:を絵文字に変換して、✅という文字を出力します。

おいおい絵文字といっても画像かよ、と思われた方もいらしてるかもしれませんが、Unicode絵文字は、れっきとした文字コードなのです。
「あ」や「い」のような文字と同じように表現することができます。
例えば、さっきの✅は、2705という文字コードで表されます。

MastodonGitHub、Qiita、Twitterなどは独自の画像を使っているようです。(うち少なくともMastodonTwitterは、絵文字の文字コードであっても画像に変換されるようです)

ここで一覧を見ることもできます。
Full Emoji List, v5.0

さて、文字コードで表された絵文字✅を表示するだけならどのソフトでもできますが、:white_check_mark:を✅に変換する作業は、ソフトが対応していないとできません。
今回は、それをC#でやってみようというおはなしです。

続きを読む